ブログ

この2年で感じだ世の中の疑問や、自分の中の違和感を大事にしてみてくださいね。

どうも、夢猫ムニャです。

最近はめっきり寒くなって

おでんを作り置きしておきました。

今回は卵をウズラの卵にしたんです。

それから牛すじも入れてみて。

味の染みにくいものは、

あらかじめ圧力鍋で煮込んでみたり。

寒い日に味の染み込んだおでんって

想像しただけで、お腹が空いてきます。

こちらに移転してからというもの、

最初の1ヶ月は、手続き的なことに

追われたり、毎日がバタバタでした。

今回はお店の移転もそうですし、

それに合わせて住居の引越しもしたのですが

今のおうちは、以前に比べて窓が多いんです。

というよりちょっと窓だらけ?

的なな感じもするのですが:笑

最初はカーテンもなかったので、

朝日で目が覚めてしまい、

日中も日が入って、風の通りも良いんです。

都会の住宅事情って、どうしても

密集しているので、隣家との距離が近く

手を伸ばせば、隣の家に手がかかりそう

なんてこともザラなんですよね。

 

それから窓が少なかったり、

日が当たらなかったりするのも

東京あるあるだと思います。

私も地元にいた時は、風も通るし

日当たりは良いし、ベランダは広いし

洗濯も干し放題だったのですが、

占い師になるために、上京したものの

仕事を最優先させるために、

そういったことは、切り捨てました。

それでもね、干支が一周するくらい

我慢して生活すれば、それも当たり前になるんですよね。

そう、慣れって本当怖いんですよ。

そりゃ家賃がウン十万もするような

高級マンションならともかく、

都内の一般的なお部屋であれば、

何かしらのガマンポイントは

避けられないような気がします。

 

自分自身が40代に入り、価値観の基準も変わって

当たり前のことを、日常に取り入れたいと

そう切に願うようになりました。

日に当たることや、日の差し込む部屋で

四季を感じたいということ。

部屋の中に風を通したい。

朝日とともに目覚めてみたり

風や日差しで季節感を感じたり。

私にとって、上京してからの11年半という時間は

こういったものと無縁の生活でした。

『でも好きで占い師になるって上京したんだから』

何かを選べば、何かは我慢しなくてはいけない…

そんな風に思い込んでいました。

ですが犠牲にしてきたもの、我慢してきたことのお陰で

ここまでがんばってこれたのも事実です。

だからけっして悪いばかりの話でもなく

そういったことでもなければ、

当たり前に感謝できなかったかもしれません。

 

若い時や地元にいた時は、日にあたるとか

窓を開ければ、キレイな風が入るって

当然のことだと思っていました。

東京に来て、日はあたらない。

空気はお世辞にも、キレイだとは言えない中で

そんな事すらも、愛おしいいことだったなんて。

そう気がつかせてくれたのも、今までがあったからだと。

そんな風に感じています。

ありがたいですね。

そう毎日が有難いんです。

『あぁ、人間らしく生きているな〜』

なんて毎朝思ったりもします。

 

 

また気のせいなのか?

人が優しいんですよ。

武蔵野市の行政って、対応が良いと

有名なんだそうです。

以前の杉並区から比べると、

人口も少ないからなのか?

税務署に市役所、職員の方が親切です。

なんか余裕があるというか。

丁寧にお話してくださるんです。

行政に限らず、お店の人も

コンビニや飲食店、ズーパーの店員さんも

みんな穏やかなんです。

なんか優しい街だなと。

都心だと、忙しさから店員さんも

イライラしていたりするのでしょうが

そういったことが、この町は少ない気がします。

 

コロナが始まって、もう丸2年になります。

生活様式も様変わりし、

以前は考えられなかったことが、

今は当たり前ですからね。

世の中の常識と非常識が、

まるっとひっくり返った2年間だった気がします。

その中で何か大事なことに気がついた人。

忘れていた何かを思い出した人。

価値観がくるっとひっくり返った人など

たくさんいらっしゃると思います。

人より稼いで、体も心も時間も犠牲にして

ただただ人よりも、お金や物質を持つことを

良しとする基準のなかで、

止まることもせずに、走り続けて

『あれ、なんかこれっておかしいよね?』

なんて1つでも気づければ、花丸ですよ!

 

 

何をもって良しとするかは、人それぞれです。

私は本能レベルで、当たり前のことを

当たり前にしたい、人としてちゃんと生活したい。

ただそれだけを欲した結果だと思います。

そして何かを守り、維持するには

現状に固執して、とことん変えたくないと

執着するよりも、維持存続するために

どこかで変えていかなければならないことも

きっとあるのだと思いました。

この2年は、強いられることの連続です。

マスク、消毒、ソーシャルディスタンスに

非接触にワクチン。

1つでも守らなければ『けしからん罪』

問われてしまいます。

 

何かに気がつくこと。

世の中の疑問でもいいですし

自分の中で感じている違和感でも構いません。

それを元に、探究心から自分を動かしてみること。

これ、結構大事です。

待ってるだけでは、実は何もかわらないのですから。

この状況下のなかで、散々強いられて

その結果、どこに飛び出していくのか?

私はそれが今回の移転と引越しにつながったと

そう感じています。

自分の中で感じている疑問や違和感は

一体なんなのか?

それがわかったら、次はそれを解決する

もしくは叶える手段を考えてみてくださいね。

*夢猫ムニャ*

 

 

かぎねこ亭 > ブログ > この2年で感じだ世の中の疑問や、自分の中の違和感を大事にしてみてくださいね。

ページトップへ